肌の正しい手入れ方法で美肌作り

美肌とは

美肌作り

美肌とは、人によって捉え方が違うと思いますが、何かに例えるのなら、赤ちゃんの頬というと、誰もが納得できるでしょう。

 

あのハリ、キメの細やかさ、潤い、ツヤ、どれをとっても完璧なものと言えます。

 

誰しも、そんな美肌を持ち、生まれてきたのですが、年齢を重ねる上で、その状態を維持するのは難しくなってき、子供の頃は、肌の手入れの必要もなく、ただ汚れだけを落としているだけで、いつもベストの美肌でいることができます。

 

それがいつしか、洗顔だけではなく、基礎化粧品を使わなくてはならなくなり、もっと年齢を重ねることで、プラスアルファのスキンケアをしていきます。

 

そうして、それでも追いついていくことができないというのが、現実で高齢になって赤ちゃんのような美肌でいられることは難しいでしょう。

 

でもそれを念頭において、スキンケアを選び、赤ちゃんの美肌に近づけられるよう努力をすることです。

 

 

 

最終更新日 8月26日


スポンサードリンク

老化のスピードを遅く

老化肌

最近の言葉で言うアンチエイジングですが、これは、正確には美肌を作るのではなく、老化のスピードを遅くするということです。
若々しくツヤツヤとした肌をたもつということです。

 

現実を見ると、本当ならシワがあってもおかしくない年齢だけど、スキンケアのお陰でしわのない若い肌をしている、それが年齢を重ねた方の美肌術というものでしょう。
美肌術をもっと知識つけていきましょう。

 


美肌になれない原因

スポンサードリンク

美肌になれない原因としては、一つではありませんが、一番確実なのは、肌に良いことをしていないということです。

 

この良くないことは、美肌になるために行なっていると自分で思い込んでいる内容も含まれます。

 

極端な例ですが、オイリー肌の方がドライ用のスキンケアを使っていたり、40代の方が20代の時に使っていたスキンケアを使っているという場合があります。

 

これは、なんとなく肌は潤っているはずですが、肌に必要な美肌を作りだそうという成分が肌に全く浸透していなくて、反対に悪くしていると言えます。

 

その肌に合ったスキンケアを選ばなくてはならないというのが、最大の原因でしょう。
また、スキンケアだけではなく、生活習慣や食生活のなかでも美肌になれない原因はあります。

酒、タバコ、日焼けは大敵

いびきを解消

酒・タバコ・ストレス・日焼け・睡眠不足・偏った食事・ダイエットなどで、これらは、全て美肌の敵として、何か一つでも習慣づいていることで、どうしても美肌になれないと悩むところです。特に肌は睡眠不足が大敵です。生活習慣を見直しましょう。

 

自分の肌に合うスキンケアと生活習慣を規則正しく、肌に悪いものを体内に入れないということが大切です。

 

そして、加齢とともにそれだけでは、美肌になれないとされており、
そこで、美肌になるにはエステやサプリメントと言う、プラスアルファのエッセンスが必要になってきます。


美肌と栄養素の関係

美肌を作る栄養素と言えば、なんといってもタンパク質が一番大切です。

 

いやいや、ビタミンじゃない?という方も多いですが、もちろんビタミンも不可欠な栄養素です。

 

しかし、人間の肌はタンパク質からできていることを確認すると、良質なタンパク質が肌を作ると考えましょう。

 

そして、その上で、ビタミンを豊富に食べることです。

 

タンパク質と言えば、肉や魚が主なタンパク源になります。

 

この時に気をつけたいのが、油や脂質を伴うものはかえって逆効果になってしまうということです。


美肌には魚が良い

魚の油に関しては、体に良いとされていますから、本当に美肌になりたい方のタンパク源としては、魚は理想型です。

 

毎日、それで良いのなら魚中心もありですが、肉も脂質を減らして食べることには、美肌に良い食べ物と言えます。

 

ビタミンに関しては、たくさん摂るようにしてください。
特にビタミンAとビタミンCです。

 

抗酸化作用のあるビタミンAは強い肌を作り、酸化した肌を修正してくれます。

 

また、ビタミンCは各種スキンケア製品にも含まれていますが、体内からのアプローチも大切です。

 

美肌の中でも美白を強く意識される方は、ビタミンCが豊富な食生活は絶対です。

毛穴開きの対策をしましょう。

毛穴の開きの対策は?その要因として、過度な皮脂の分泌、化粧品等の外的刺激、にきび跡、老化、肌のたるみが代表とされています。

 

それぞれに原因がついてくるのですが、すべての要因に共通しているのは、顔に合わないものを使用、スキンケア不足が毛穴の開きを作ってしまうとお考えください。

 

肌に合わないというと、化粧品を含むスキンケア製品全般を言いますが、もしオイリースキンの肌に乾燥肌用のものを使用したら、当然毛穴の開きは生じることになります。

 

ニキビ跡に関しては、正しいスキンケアをしないと、そのまま毛穴が開きっぱなしになって、再びニキビができてしまうこともあり、最終的にはシミになったりアザができるなどのトラブルの原因になります。

 

たるみに関しても、普通の肌トラブルの毛穴の開きではなく、重力の関係から、肌が下に下がっていくにしたがって、毛穴も大きく細長くなってしまうという現象になります。

 

いずれにしても、毛穴の開きの対策として、基本の洗顔、その後のスキンケア、そして肌を作るために栄養なども全体的に考えていくことが必要です。

 

季節によって、それぞれの年齢でも変化することもありますが、基本の洗顔とスキンケアを守っていくことで、毛穴の開きをなくしていく対策は必要です。

自分に合った美白美容液を選ぶには

美白美容液はどれでも同じではありません。

 

自分の肌に合うものを使わなければ効果はでませんから、数多い美白美容液の中から選ぶことが必要になります。

 

美容液は、単なる液体ではありません。
あらゆる成分が入っていますが、その感触はいろいろです。

 

ドロっとしているものやサラサラとしたものなど、肌に与える影響も違ってくるのがわかります。

 

ドロっとタイプのものは水分の保湿をかんがえたものですが、オイリータイプの方にはベタベタと感じるかもしれません。

 

美容液だけでテカると言うこともあるかも?

 

しかし乾燥肌にとっては、しっとりと気持ち良い感触で、肌タイプによって使い分けが必要です。

 

必要な成分を確認してからですが、肌タイプに合うものを選んでください。そして、年齢肌にも着目です。

 

年齢肌とは、実年齢と違うこともあり、30歳は30歳用というものではなく、肌の状態によっては、美白の成分が余計に多いほうが良い場合もあります。

 

さまざまな美白の美容液が出ていますカラ、トライアルなどを利用して、肌を美白にできるものをきちんと探すことが必要です。

 

流行りのものはいいように感じますが、絶対に自分の肌に合っているとき限りませんから、飛びつかないこと、品質を見極めることが大切です。